No.6 S-type 黎 Rei 生酒

ブログ

こんにちは、
二ノ宮(@ninomiya_ponsh)です。

それでは今回も
日本酒を紹介していきます。

 

No.6 S-type 黎 Rei 生酒

【二ノ宮呑みログ】
(呑んだその場のすぐの感想です)

秋田県のお酒です。

スッキリしてます。
とてもクリアな味わいで、
喉で若干の辛口っぽさを
感じられます。

後味は優しく、
フルーティな香りも
ほのかに感じられ
気持ち良いです。

以前R-typeも
呑みましたが
S-typeはさらに
好きな味です。

飲みやすくて
正統派という印象です。
初めての日本酒にも
良いかもしれません。

 

【詳細等】
秋田県秋田市の、
新政酒造さんのお酒です。

3つあるNo.6の中で
「Superior」(上級版)
という位置づけの
S-typeは

「R-type」と比べると
リッチな味わいだと
感じますね。

一般的な生酒は
冬~春に出荷されることが
多いのですが、

新政さんのNo.6は
設備や環境が
整ってることもあり、
通年出荷されています。

個人的に新政さんは、
生酒に触れる機会を
多く作って下さっていたり

雨蛙」などの
ニューウェーブと
呼ばれる新しいタイプの
日本酒も作られていたり

日本酒に興味を
持ってもらえる機会を
デザインしている様に
感じています。

今回紹介している
No.6 S-typeも

ベテランさんから
ビギナーさんまで
楽しめる味で

ファンが多いのも
納得の一本ですね。

日本酒の味も
キレも魅力的な
お酒なのですが

全体的に
尖った要素が無いため
上品に落ち着いている
良いお酒だなと
思いました。

この様なお酒があると
晩酌も楽しくなりますよね。

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] 「No.6 R-type」 「No.6 Stype」 […]

  2. […] 「No.6 R-type」 「No.6 S-type」 「No.6 X-type」 の3種類を当ブログで […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました